雅叙園史上最大級のお茶会イベント
「和のあかり大茶会 ~oo-sanoe~ 」開催決定!!

ホテル雅叙園東京では平成になって初となる文化財「百段階段」でのお茶会の他、日本料理「渡風亭」内にある、知られざる茶室「柏寿庵」をこの夏広く公開するなど、魅力的なシチュエーションの中でお茶会が楽しめます。渡風亭の茶室「柏寿庵」では「和のあかり展」出展作家 弦間康仁氏によるあかりの演出の中でお茶会を楽しめる他、閉館後の和のあかり展会場を舞台に展示品のあかり達に囲まれながら開催する百段階段内でのお茶会もございます。日本茶界をけん引するゲスト茶人が日替わりで集まり開催される10種類のお茶会。「ラテ茶碗ナビゲーター」による入門編のワークショップ「ラテ茶碗 de ぜいたく抹茶体験」をはじめ、今までお茶にご縁の無かった方や、様々なお茶会に出席したことのあるお客様まで幅広くお楽しみいただけます。

大茶会(oo-sanoe)とは?
1587年、豊臣秀吉によって京都で行われ、話題となった革命的な「北野大茶会」。身分別け隔てなく人々が楽しむことができたというこの茶会をヒントに、約430年の時を経た今、誰もが楽しめる大茶会「oo-sanoe」として開催します。

ねぶた礼賛茶会
(ねぶた らいさん ちゃかい)

百段階段で最も豪華絢爛な「漁樵の間」 ねぶた展示前での茶会。
水鏡に照らされる ねぶたの優美なあかり、その空間にこそ相反しない茶の湯の美しさがあるはず、との想いから茶会を構想。この茶会にあわせて、ガラスや鏡面になっているあかりと共生する茶碗、茶の薫りを感じやすい器等、この場だからこそ味わえる道具を揃えています。客と亭主が五感で感じ、場の力と相成って創り上げる時間は、一期一会のひとときになるでしょう。

ちょこっとゆらぐ茶会

雅叙園の隠れた茶室「柏樹庵」で、和のあかり茶会。
料亭「渡風亭」の茶室「柏樹庵」を「和のあかり展」出展者、照明作家 弦間康仁氏が特別仕様に装飾!さらにこの茶会にあわせて和菓子ユニット「wagashi asobi」と コラボして「ちょこっと」をキーワードにした新作和菓子のお披露目も!本席では「薄茶一服」とあわせて、さらに「ちょこっと」にあわせた一服もご用意して皆様のお越しをお待ちしております。

響凛茶会〜スパークリング抹茶でいっぷく〜 (きょうりん ちゃかい)

海をイメージした「頂上の間」。エメラルドの爽やかな空間を貸し切ってのお茶会です。世界的人気を誇る炭酸メーカー「ソーダストリーム」を使い、作り立ての炭酸で、この上なく清涼感を感じる“スパークリング抹茶”をお出しします。旧暦の七夕(8月17日)をまえに、天井からの風鈴の響きの中、最上の“いっぷく”をお愉しみください。

百段階段で茶会と狂言ミュージカル!給湯流茶道 詩吟付き

女流茶人による、一夜限りの茶会&狂言イベント!閉館後の百段階段で、伝統文化を現代の視点で捉え直した茶会と狂言を開催。この「和のあかり大茶会 〜oo-sanoe〜」で、もっともアート・パフォーマンス性の高い、即興茶会。

肥後古流・知る人ぞ知る、熊本に伝わる利休の作法を頑なに伝える流儀の茶会

<1〜3回目>雅叙園にある茶室「柏樹庵」にて肥後古流の作法にて薄茶をお楽しみいただきます。利休の高弟、細川忠興またその息子忠利が熊本に根付かせた、利休正伝の作法とされる肥後古流。 東京では滅多にご披露することのない流儀を、和のあかりをテーマに皆様をおもてなしいたします。熊本からお菓子を用意し、熊本に伝わる茶の湯の文化に触れていただきます。

お茶と坊主と夏の夜噺

和のあかりにつつまれながら、現代を代表するお坊さんお二人が「あかり」についてトークを展開。対談後は、夜のお茶会が始まります。長く現代アートシーンに携わってきた蟠龍寺 吉田龍雄氏。そして、アイマスクをして食事を楽しむユニークイベント「暗闇ごはん」主宰、緑泉寺 青江覚峰氏の二人による対談です。日本に古来から根差す仏教を軸に、あかり、そして闇についてお話をして頂きます。

昼の部「四季の茶会」、 夜の部「宵茶会」(8/26 のみ「満月の宵茶会」)

日本茶の魅力を伝授!日本一にも輝いた、富士山まる茂茶園による、日本茶の茶会。(※煎茶による茶会になります。)
・昼の部 「四季の茶会」
富士山の茶3種を3〜4煎いただきながら、茶葉の違い、1煎目、2煎目の違いを楽しむ。
・夜の部 「宵茶会 百段階段」
週末の夜、百段階段にて茶に酔うひとときを。明かりをテーマにした茶5種+茶菓子をご用意。

清廉のひととき「茶瞑想」

お茶と瞑想。一見、繋がりがないように感じますが、実は大きな共通項を併せ持っているのです。お湯を注いでからお茶ができるまでの、一分と刹那。その時間を最大限に活用して感じる清廉のひととき。姿勢や呼吸を整えて、過去でも未来でもない「今」に意識を集中させる、あなたがあなたを感じる、瞑想とお茶の時間をご堪能ください。 レストランのお食事とのセットプラン(雅叙園内にて食事後、茶瞑想の体験)のご案内になります。(※床に座っての瞑想になります。女性はズボンでのご参加をおすすめいたします。)(※煎茶による茶会になります。)

和のあかり 幻燈茶会

都会の夜を彩る和のあかり展を茶の湯で表現。和のあかりに包まれた茶室の中で、夏の涼を感じながら、茶や和菓子を召し上がっていただきます。経験や知識、 持ち物は一切不要。雅叙園・貴重な茶室にて、夏の思い出に、御一服いかがでしょうか?

ラテ茶碗 de ぜいたく抹茶体験 〜不昧公200年祭り〜

抹茶好き集まれ!気軽に贅沢お抹茶体験。
お茶のまち、島根県松江市で愛されている抹茶2種類の飲み比べ体験。 まず濃茶(こいちゃ)を一口いただいた後、ラテ茶碗ナビゲーター、志藤清華が薄茶(うすちゃ)をレクチャー。ラテ茶碗を使い、参加者自ら抹茶を点てます。和菓子も2度も頂けて、美味しく抹茶を学ぶことが出来ます。