おでかけポータルサイト「イチモク」へようこそ!
こちらのサイトは現在スマホで閲覧できます。

Topics

シティリビング読者限定「浴衣姿撮影会atホテル雅叙園東京」

Hair & Make EARTH×ホテル雅叙園東京「コラボ浴衣プラン」

スペシャルお茶会イベント「和のあかり大茶会 ~ oo-sanoe ~」

肥後古流・知る人ぞ知る、熊本に伝わる利休の作法を頑なに伝える流儀の茶会

<1〜3回目>雅叙園にある茶室「柏樹庵」にて肥後古流の作法にて薄茶をお楽しみいただきます。利休の高弟、細川忠興またその息子忠利が熊本に根付かせた、利休正伝の作法とされる肥後古流。 東京では滅多にご披露することのない流儀を、和のあかりをテーマに皆様をおもてなしいたします。熊本からお菓子を用意し、熊本に伝わる茶の湯の文化に触れていただきます。

<4回目>夜の百段階段〜鏡と点前が生み出す新たな和の空間〜 今秋、新たな視点での日本の伝統文化の魅力を伝えるアートパフォーマンスを、フランス・パリにて開催することに先駆けて、百段階段・草丘の間の、現代的な展示空間を利用し、利休正伝と言われる古い点前=古流の作法を特別にご披露いたします。

江上大輔プロフィール

熊本県出身 茶人、東京学芸大学・大学院卒業。専門は書道。
千利休直伝の作法を、原形継承を堅持し熊本の地にて伝えられてきた武家茶道・肥後古流。利休の愛弟子であり、肥後古流を庇護した細川三斎公が晩年に居住した八代市で育ち、肥後古流(的々社)の茶道を学ぶ。東京と熊本にて茶事・茶会を催しつつ、書の鑑賞という視点からも、積極的に交流を図る。今年9月にはフランス・パリにて、書と茶道のイベントを開催予定。


(昼の部)肥後古流・知る人ぞ知る、熊本に伝わる利休の作法を頑なに伝える流儀の茶会
(夜の部)夜の百段階段〜鏡と点前が生み出す新たな和の空間〜

ゲスト

江上大輔(えがみ だいすけ、肥後古流 茶人)

茶会名

(昼の部)肥後古流・知る人ぞ知る、熊本に伝わる利休の作法を頑なに伝える流儀の茶会
(夜の部)夜の百段階段〜鏡と点前が生み出す新たな和の空間〜

定員

(昼の部)10名
(夜の部)15名

会場

(昼の部)ホテル雅叙園東京 日本料理 渡風亭「茶室 柏樹庵」
(夜の部)ホテル雅叙園東京 百段階段「草丘の間」

価格

5,000円

開催日

8月25日(土)、9月1日(土)

タイムスケジュール

(昼の部)1回目 満員御礼
10:45 受付
11:00 茶会開始(お菓子2つ、お抹茶2服、お話)
12:30 茶会終了(和のあかり展チケット配布)

(昼の部)2回目
13:45 受付
14:00 茶会開始(お菓子2つ、お抹茶2服、お話)
15:30 茶会終了(和のあかり展チケット配布)

(昼の部)3回目
16:45 受付
17:00 茶会開始(お菓子2つ、お抹茶2服、お話)
18:30 茶会終了(和のあかり展チケット配布)

(夜の部)
19:30 受付(百段階段入口)、展示自由見学
20:15 茶会開始(お菓子2つ、お抹茶2服、お話)
21:15 茶会終了

お申込み方法

本サイトで入場券のご購入
オンラインでのクレジット決済またはファミリーマートでのお支払い

8月25日(土)昼の部 お申込み

8月25日(土)夜の部 お申込み

9月1日(土)昼の部 お申込み

9月1日(土)夜の部 お申込み

PAGE TOP